やってよかった!浴室リフォームで充実リラックスタイム

入浴中の女性

ユニットバスと在来工法はオリジナリティ差

バスタブ

日本の浴室は、大きく分けて在来工法とユニットバスの二つに分かれています。 在来工法は、浴室スペースに左官屋さんがモルタルを塗ってタイルで仕上げて空間を作り、バスタブやシャワー水栓などをつけて手作りで仕上げる工法です。一方でユニットバスというのは、メーカーが部材で生産した部材を現場で仕上げてバスルームに仕上げる工法を言います。
特に浴室リフォームする場合に考慮しておく必要があるのは、今の浴室がどちらの工法なのかという事です。 この違いによって、工事の仕方と解体費用が変わって来るからです。そして又、解体後にどちらの工法で仕上げるかによっても工事の仕方と費用と選べる種類が変わって来ます。現代日本では、ここ20年来新築住宅の浴室の多くはユニットバスで仕上げられています。在来工法は、かなり古い木造住宅か、かなりこだわった浴室、つまり個性的な設計された浴室の場合に多い工法です。 一般的に、浴室リフォームする際にユニットバスは工事の手間がかからず、費用も安くすることが可能です。メーカーが生産販売しているので、ショールームやカタログで事前に仕上がりを判断することができます。
一方で、在来工法は販売している商品ではなく設計して職人さんが仕上げる工事の完結形ですから、ユニットバスほどは事前にイメージしにくい性質があります。但し、オリジナルな浴室が作れる利点があります。浴室リフォームにおいてユニットバスは規格品、在来工法は特注品だと思って下さい。

ユニットバスのバリアフリーと疑問点

バリアフリーという言葉が出て来て、各設備メーカーもその言葉にあやかりUB入り口の段差解消という事でフラットな入口のUBを数多く商品化しましたが、浴室リフォーム用のUBに関しては疑問を感じています。特にマンションでUBを浴室リフォームする際には既存配管との取り合いで、多くの場合UBの床が既存UB床面よりも高くなってしまいます。
しかもUBはバリフリー仕様という事なのでUB側の床面からの立ち上がりが無く(昔のUBの様に跨ぐタイプで無い)断面で言うと洗面所の床よりも高くなるケースが多いのです。それを解消するために洗面所の床をUBの入口に合わせて施工すれば今度は洗面所入口と廊下に段差が出来てしまいます。洗面所の床を高くして浴室との段差がない状態で納めてある場合は良いのですが、予算の関係か洗面所の床はそのままという納め方もたまに見かけます。浴室に入る時は良いのですが、出るときは階段から一段降りる様な感覚になります。
湯船でリラックスした後にあの感覚を味わうのであれば以前の跨ぐタイプのUBの方がずっと安全ではないかと感じます。UBの仕様が進化しデザインも素敵な物が多くなって益々UBの浴室リフォームは増えると感じています。それだけにメーカー側も既存配管との取り合いと新規UBの配管スペース有効高さに工夫が欲しいと思われます。施工する側、またお施主様にもクレームにならない様じっくり説明する事が大事だと感じています。

やって良かった浴室リフォーム

私の80歳近くになる伯母は、結婚、離婚をしてからずっと1人で大阪の枚方市にある小さな花屋を営んできました。花屋という職業上、朝早くから市場へ足を運んだり、暑い日も寒い日も同じように店舗の扉を開けっ放しで、立ちっぱなしでの接客です。重いものを持つこともあり、花の配達では何度も坂を登ったり降りたり。朝から晩まで昼食もそっちのけで働き通しの毎日です。
そんな日々がたたってか、右足に激痛が走るようになり、数年前には立つことも出来なくなりました。だましだまし働き続けていましたが、ついに右足が悲鳴を上げました。大きな手術を数回やって、骨はボルトで固定されています。そんな伯母の楽しみは毎日のお風呂。仕事から帰ってゆっくり湯船につかるのが何よりの楽しみ。しかしながら、足を悪くした伯母にとって、浴室は危険そのものでした。少しでも足を滑らせたら、狭い浴室の中でバランスを崩して倒れてしまいます。そこで、浴槽を広く、安全な場所にするために浴室リフォームする決断をしました。
浴室リフォーム代は安いものではありませんでしたが、広々と明るく生まれ変わった浴室は、手すりも付いていて段差もありません。浴槽の高さも低いので、足腰を痛めることもありません。それまで頑張って働いて貯めたお金で、浴室リフォーム。伯母は毎日仕事から帰ると、真っ先にお風呂の湯船につかるそうです。両手足を伸ばしてお風呂に入れるのが、今は一番の幸せなのだそうです。

浴室のリフォームをするなら工事が完了したら終わりの業者ではなく、おうちカンパニーのようにアフターフォローにも細かく対応してくれる業者を選びましょう。枚方で浴室リフォームをするなら是非「おうちカンパニー」へ。施工だけでなく、お住まいをトータルでサポートしてくれる大阪の枚方にある優良業者です。実績も豊富でホームページにいくつも載っているので、よかったら見てみてください。

コンテンツ

住まいによって違いがある浴室リフォーム

浴室のリフォームをお考えの場合、今の住居がどんな住宅なのかによって、工事内容と選べる浴室が変わってくるという事を知っておきましょう。浴室リフォームで留意す…

»続きはコチラ

浴室煖房煖房乾燥機とその使い方

一人暮らしの方でシャワー派の人がUBの浴室リフォームで浴室暖房乾燥機を付ける事を強く希望されていました。洗濯機には乾燥機能が付いている高性能な物をお持ちだ…

»続きはコチラ

解体費用があって浴室リフォーム費用です。

浴室リフォームをお考えの方に、基本的なアドバイスをしますね。いろんな側面があるのですが、まずは今の浴室がユニットバスなのか、タイルなどで仕上げた在来工法な…

»続きはコチラ

リラックスできるように浴室をリフォーム

最近我が家に大きな変化が起きました。それは、浴室リフォームした事です。もともと築年数も30年が経過している、古い我が家の浴室は、浴槽の汚れも目立ち、床のタ…

»続きはコチラ